incl(インクル)
incl(インクル)はICCが運営する
インターネットプロバイダです。
HOME > オプションサービス > メール転送サービスの使い方

メール転送サービスの使い方

転送サービスを有効・無効にする
条件設定を行う
設定例
重要度について
リセットボタンについて



※事前にお申込みの上、設定画面にログインしてください。


※下記は転送条件設定画面のサンプルです。

STEP1:転送サービスを有効・無効にする

メール転送設定画面 上部に表示される転送サービスを「実行する/停止する」から、転送サービスの利用の有無を選択することができます。

転送サービスを←転送サービスを自由に実行・停止できます。

STEP2:条件設定を行う

条件を設定することで、届いたメールを自動的に転送することができます。
条件設定は、メールがメールサーバーに届いた時点で実行されます。複数の条件設定を作成した場合、上から順に実行しますので、適切に順序を調整してください。
※転送先のメールアドレスの入力ミスや順序の設定誤りに、十分ご注意ください。


転送01


発信者[From]  オススメ!!

送信元のメールアドレスを指定することで、「特定のメールアドレスから届いたメール」を対象とします。
ドロップダウンリストより「を含む/を含まない」を選択することができます。設定例


件名[Subject]

メールの件名の文字を指定することで、「件名に該当の文字を含むメール」を対象とします。
ドロップダウンリストより「を含む/を含まない」を選択することができます。設定例
※メールの形式によって条件に一致しても転送されない場合があります。
※日本語で指定すると条件に一致しても転送されない場合があります。


重要度

送信元がメールを作成した際に設定した「重要度」を対象とします。
※メールソフトによって選択できる段階が異なります。詳細


本文[Body]

メールの本文の文字を指定することで、「本文に該当の文字を含むメール」を対象とします。
ドロップダウンリストより「を含む/を含まない」を選択することができます。
※メールの形式によって条件に一いたしても転送されない場合があります。
※日本語で指定すると条件に一いたしても転送されない場合があります。


転送先メールアドレス  オススメ!!

転送先のメールアドレスを指定します。また、空欄にすることで条件に当てはまるメールを「転送しない」と指定することもできます。設定例

設定例

例1.メール送信者が「abc@po.incl.ne.jp]の場合「090**@docomo.ne.jp」に転送する


transmail04.png


発信者[From]欄に送信元のメールアドレス「abc@po.incl.ne.jp]を指定し(「含む」を選択)、転送先メールアドレス欄に転送したい先のメールアドレス「090**@docomo.ne.jp」を入力します。

例2.メール送信者が「abc@po.incl.ne.jp]の場合、転送しない


転送02


発信者[From]欄に送信元のメールアドレス「abc@po.incl.ne.jp]を指定し(「含む」を選択)、転送先メールアドレス欄を空欄にします。

例3.メールタイトルに「SPAM」という文字が含まれている場合、転送しないがそれ以外のメールは「090**@docomo.ne.jp」に転送する


転送03


条件1の発信者[From]欄を空欄にし(「含む」を選択)、件名[Subject]欄にSPAMを入力(「含む」を選択)します。転送先メールアドレスを空欄とすることで、すべての宛先から届いたメールのうち、件名にSPAMを含む場合は転送しない設定にできます。

また条件2の発信者[From]欄 および 件名[Subject]欄を空欄にし(それぞれ「含む」を選択)、転送先メールアドレス欄に転送したい先のメールアドレス「090**@docomo.ne.jp」を入力することで、条件1に漏れた「件名にSPAMを含んでいないメール」すべてを「090**@docomo.ne.jp」へ転送することができます。

重要度について

送信元がメールを作成した際に設定した「重要度」を対象に、条件を設定することができます。

※メールソフトによって選択できる重要度の段階が異なります。

※選択した重要度によって、メールソフトが自動的に付与する数値をもとに、転送を行います。送信元のメールソフトの仕様によって、以下以外の転送結果となる場合がございますのでご了承ください。



重要度「-」を条件に指定した場合

送信元の設定した重要度の段階に関わらず、転送先メールアドレス欄に設定したメールアドレスへ転送します。


重要度「高い」を条件に指定した場合

送信元の設定した重要度が以下の場合、転送先メールアドレス欄に設定したメールアドレスへ転送します。


送信元が重要度を3段階で設定できるメールソフトをご利用の場合 重要度=高い
送信元が重要度を5段階で設定できるメールソフトをご利用の場合 重要度=最高


重要度「やや高い」を条件に指定した場合

送信元の設定した重要度が以下の場合、転送先メールアドレス欄に設定したメールアドレスへ転送します。


送信元が重要度を3段階で設定できるメールソフトをご利用の場合 転送しません
送信元が重要度を5段階で設定できるメールソフトをご利用の場合 重要度=高


重要度「やや低い」を条件に指定した場合

送信元の設定した重要度が以下の場合、転送先メールアドレス欄に設定したメールアドレスへ転送します。


送信元が重要度を3段階で設定できるメールソフトをご利用の場合 転送しません
送信元が重要度を5段階で設定できるメールソフトをご利用の場合 重要度=低


重要度「低い」を条件に指定した場合

送信元の設定した重要度が以下の場合、転送先メールアドレス欄に設定したメールアドレスへ転送します。


送信元が重要度を3段階で設定できるメールソフトをご利用の場合 重要度=低い
送信元が重要度を5段階で設定できるメールソフトをご利用の場合 重要度=最低


重要度「高い、やや高い」を条件に指定した場合

送信元の設定した重要度が以下の場合、転送先メールアドレス欄に設定したメールアドレスへ転送します。


送信元が重要度を3段階で設定できるメールソフトをご利用の場合 重要度=高い
送信元が重要度を5段階で設定できるメールソフトをご利用の場合 重要度=最高 もしくは 高


重要度「低い、やや低い」を条件に指定した場合

送信元の設定した重要度が以下の場合、転送先メールアドレス欄に設定したメールアドレスへ転送します。


送信元が重要度を3段階で設定できるメールソフトをご利用の場合 重要度=低い
送信元が重要度を5段階で設定できるメールソフトをご利用の場合 重要度=最低 もしくは 低

リセットボタンについて

画面下部にある「リセットボタン」を使用することで、登録前の入力内容を消すことができます。
既に登録した条件を消すことはできませんので、その場合は、それぞれの項目を空欄にして登録してください。